バイナリーオプションのデメリット

バイナリ―オプションは、投資の素人でも敷居が低く、参加しやすいところが人気の秘密ですね。

ルールが明快で、上がるか下がるかだけを選べばよく、しかも損失は掛けた金額だけと言う事でFXのように損失が拡大する可能性が低いですし。リスクも少なくてデメリットも見えづらい物です。

利益はペイアウト率によって変わりますが、トレードの内容によっては何倍にもなって戻ってきます。

こうやって見ると悪いところが無いように見えますが、欠点もあります。

バイナリーに有ってのFXには無いデメリット

同じような投資のFXと比べると分かりやすいです。FXでは、エントリー後にチャートを自分で見てエグジットの場所を決めます。

その時に予想した動きと違う部分が見えたら、途中で抜ける事が可能です。この場合、損失が出ている事もありますが、利益が乗ってる途中で降りる事も可能です。

しかしバイナリ―オプションではそれがありません。 利益が取れるか、それともすべてを失うか、どちらかしか無いのです。

それと一回に賭けられる金額には限界があり、それを超えてはトレードする事が出来ません。

大きく利益を得るには何回もエントリーする事が必要

つまり大きな利益を得るためには、何度もエントリーする必要があるのです。 FXだと一回でも大きく儲ける事が出来るので、エントリーチャンスが少なくても問題がありません。

ですがバイナリ―オプションでは何度も勝たなくては利益を積み上げることが出来ないです。

これはデメリットと言えるでしょう。いくら勝率が高くても、回数を重ねれば必ず負ける場合が出るからです。

その勝率を含めてトータルでの結果を考えるべきですが、やはりエントリー回数が増えると言うのは資金を失う可能性を少なからず増やしてしまうのは否めませんね。

こういった、バイナリ―オプションのデメリットをしっかりと知った上でこの取引があなたに合っているのかどうか判断される事をお勧め致します。

>>安心して取引できるバイナリーオプションのランキングを確認する<<

 

バイナリーニュース関連記事

 

このエントリーをはてなブックマークに追加